幸せをもたらす据え置き型浄水器

ウォーターサーバーの比較からわかること

ウォーターサーバーの比較にはコストパフォーマンスに加えて合計費用や電気代、またデザインなども含まれます。また用途なども比較するポイントになってきます。最近各地で災害がおこり、その度に水が売り切れるという事態が発生しています。ウォーターサーバーは備蓄できるのでしょうか、備蓄用と普通のと何の差があるのか比較していくことが必要です。

まず、災害時に考えられる問題として「断水」があります。災害でなくても大雪の場合にもそのことが問題となりますが、その点でウォーターサーバーは水道が使えなくても使用可能なので安心です。また停電していてもコックをひねれば水がでるので心強く電力だけでも戻れば火を使うことなくお湯を出すこともできるのです。そしてポイントとなるのが賞味期限の長さです。

いつ何時くるかわからないので賞味期限が長いものを備蓄しておきたいと思うことは普通です。ウォーターサーバーに使われている水には味を損なわないために消毒剤などが使用されていないため、開封してからの期限は短く、長いもので1ヶ月、短いもので2週間程度ですがその間に使い切ってしまうことは明白です。未開封のものは大体が半年間の賞味期限で長いもので1年というものもあります。これだけあれば備蓄に適していると言えます。

最近の地震では避難するほどではなくても井戸水や湧水から水を引いてきているという家庭では水が濁ってしまい飲めないという問題も発生しました。そう考えるとウォーターサーバーのメリットは災害時にもあると言えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *