幸せをもたらす据え置き型浄水器

ウォーターサーバーの比較の種類

ウォーターサーバーの比較にはコストパフォーマンスに加えて合計費用や電気代、またデザインなども含まれます。また用途なども比較するポイントになってきます。今回は用途について考えてみます。そうすると数あるウォーターサーバーから自分にぴったりのものが見つかるかもしれません。

まず、飲料水に使う場合は飲みやすい水が良いのであれば日本の湧水などの天然水、ポイントは「軟水」であることです。日本の水はほとんどが軟水なので慣れ親しんだ味であるとともに、緑茶やコーヒーをおいしくする水としてミネラルを適度に含んだ軟水はぴったりなのです。また、料理に使用する場合も軟水がおすすめです。ミネラル分は少な目で弱アルカリ性のそれを含んだ水はお米をたくとツヤや甘みがまし、β化しづらい、つまり劣化しづらいので美味しさが持続します。

そして飲料水にするといってもここで比較できるのは健康面や美容を重視すつのであればまた話が違ってきます。軟水に囲まれて生活している日本人はミネラル分を多く含んだ硬水に慣れていません。ですが、硬水に含まれるミネラルは健康面や美容面で様々な力を発揮します。その中でも今注目されているのはバナジウムというミネラルで富士山の湧水にも豊富に含まれています。

これは血糖値を下げる効果やデトックス効果があるので生活習慣病予防にも力を発揮します。このようにウォーターサーバーを選ぶうえで何に重きを置くかを考えるのは豊かな生活を送ることにつながるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *