幸せをもたらす据え置き型浄水器

一人暮らしのウォーターサーバー選び

日本では水道の水が当たり前に飲むことができますが、世界の多くの場所では、飲用の水は買うもので、日本人が旅先で水を飲むと、健康にかかわることも少なくありません。 そのため、かつてはペットボトルで、清涼飲料水ではなくお水を買うことは贅沢と考えられていたこともありますが、軟水や硬水など、多様化することで、飲料水を購入する習慣が徐々に普及してきました。 ペットボトルからウォーターサーバーへの移行も徐々に進んでいましたが、東日本大震災によって、ライフラインといえども絶対ではないということがわかり、ストックの必要から一躍脚光を浴びるようになりました。 一人暮らしでウォーターサーバーを設置する場合、少量のお湯をわざわざ沸かさなくても、直接給湯することができる、いつでもよく冷えた飲用水が用意できるということで、快適な生活とともに、省エネにも貢献しています。

 ウォーターサーバーはお湯や冷水の機能も含めて、一日当たりいくらという電気料の目安が公開されています。 一人暮らしの場合、気を付けたいのが消費量です。 一人暮らしでは、家族が大勢いる場合やオフィスでの利用に比べると、消費量が少ないので、毎月ボトル何本以上などのノルマがあると、たまってしまうこともあります。 ウォーターサーバーの使用料自体が毎月定額でかかっていると、ノルマはないことが多いですが、使用料が無料の場合は、ノルマがあることも少なくありません。

 ボトル1本の値段だけでなく、サーバーの利用料や購入の条件も確認しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *